生命保険

レーシックは視力が回復するまで

レーシックはたくさんの種類があります。
自分の生活方式に合わせて冷静に合ったものをえらぶ必要があります。
どれを選ぶにしても言えるのが、視力が回復する目的で手術を受けるという点です。

普通の人が選ぶのはレーシック、イントラレーシックとなります。
これらの場合、手術を受けて早ければ帰るまでの時間に視力の回復を期待することができます。
次の日にはほとんどの人が視力の回復を実感することができるのです。

他にも、エピレーシックなど、角膜を薄く削る場合は馴染むのに時間がかかります。
この場合は何週間経って初めて視力が回復することもあります。
しかし強い衝撃に耐えられるメリットが存在します。

PRKの場合は、術後1ヶ月後ようやく安定してきます。
つまり、手術の方法によって視力回復までの期間は異なります。
覚えておきたいのは、ごく稀にですが、視力が回復しないこともあります。

理由は様々ですが、それではせっかく手術を受けたのに今がないと感じられるかもしれません。
その通りです。
ですから、視力が回復するまでとことん付き合ってくれる、保障がしっかりとした病院を選ぶことが大切になってきます。
事前にインターネットなどを使って、情報を仕入れて信頼できるところを見つけましょう。

このページの先頭へ