生命保険

レーシックと角膜感染症

メリットが非常に多く取り上げられるレーシックですが、手術ですので、デメリットも存在します。
それが合併症です。
要するに、レーシックを行うまでは全く感じなくてよかった不都合を、レーシックをすることによって味わうことになるものです。

ハロ現象と呼ばれる光がはっきり見えないものもありますし、視力がまた元に戻ってしまうということもあります。
そして非常に少ないですが、実際にあったのが、角膜感染症です。
要は病院の扱う機器が不衛生であったために、そこにいた全ての患者が目の病気にかかってしまったというものです。

これは原因がはっきりしています。
それは不衛生です。
病院で考えられないと思われるかもしれませんが、これは実際にあったことです。

ですから、もしレーシックを受けようと考えているならば、その病院の器具の管理、機器の管理、衛生がきちんと行き届いているのかを確認することが非常に大切になってきます。
ネットなどの口コミを通して知ることもできますし、大きな病院や、クリニックを選べばまず安心できます。
レーシック前に合併症に関する知識もきちんと取れいれて、どんな原因でそれが起こりうるかを調べる必要があります。
そうすれば後で悲しむことがありません。

このページの先頭へ