生命保険

レーシックは片目だけの施術は可能か

視力の悪さは人によって異なります。
それだけではなく、人によっては片目だけ異常に視力が悪いということがあります。
極端な話、右目2.0左目0.1だってこともありえます。

これは生活に大きな不便をもたらします。
視力矯正方法の例えば、メガネを付けるにしても、左目はただのプラスチックで、右目は度数の入ったものになります。
みかけは変わりませんが、よく注意してみると、差が分かります。

さらに、視力が悪い方の目が度数が違うレンズを使用することで、少し小さく見えたりもします。
またコンタクトも同じです。
毎日、ただ片方にコンタクトを入れるためだけに手間と時間がかかります。

当然お金もかかってくるわけです。
そうであるならばレーシックを受けることがベストです。
視力に偏りがあると、無意識に視力の良い方で見る癖がついてしまい、そちらの利き目が異常に疲れることもあります。

レーシックを受ければ以上のような問題点が全て解決されます。
片目だけでも何の問題もなく、レーシックを受けることが可能です。
術前検査で状況をしっかりと調べてもらいましょう。

それで今までの煩わしい思いから解放されます。
レーシックは片目だけでも受けられます。
しかも両目より少し金銭的にもお得です。

このページの先頭へ