生命保険

遠視の治療にはイントラレーシック

今はレーシックで近視はもちろん、遠視も矯正することができます。
遠視は遠くのものがはっきり見えるのですが、近くのものがぼやけてしまいます。
原因は屈折異常です。

遠視の方は視力検査でははっきりと見えるため、あまり症状を感じにくいですが、本を読んだりすると、非常に疲れを感じます。
そこでレーシックを考えることができるのですが、その中でも、イントラレーシックがおすすめです。
普通のレーシックは、マイクロケラトームという刃物みたいなもので、フラップを作成します。

しかし、イントラレーシックでは、全てをコンピューター制御で行います。
これにより、かなり精密に手術を行うことができます。
安全性も普通のものに比べて非常に高いのが特徴です。

ですから、遠視の方はイントラレーシックで安心、安全に視力を回復させることができます。
レーシックにも様々な術式があります。
そして安全度も変わってきますし、また遠視に適したレーシック乱視に適したレーシック、更には老眼に効果的なものといろいろですので、よく考えて、自分に一番合ったものを選ぶことができます。
医師とよく相談することも大切ですが、遠視の場合は、イントラレーシックを勧められることが多いです。

このページの先頭へ