生命保険

レーシック後のハロ現象とは

レーシックは非常に安全性の高い手術です。
よっぽど失敗することはありません。
しかし、手術には合併症がつきものです。

合併症とは、その手術をするがゆえに、問題が起こることです。
ある人たちは、視力が急によくなることで、頭痛、目の疲れを感じます。
これらに関しては、上手に付き合っていくことが大切です。

三ヶ月ほどすると、落ち着いてきます。
そして、おそらく一番びっくりするのが、ハロ現象です。
どんな現象かというと、暗い場所に行った時や、夜に運転している時に、光の周りにぼやっともやがかかったような感じになります。

霧がかかった感じがするのです。
今まで他の矯正方法、例えばメガネやコンタクトの場合はまずこんなことがありえないので、おそらくびっくりすることかと思います。
しかし、この合併症に関しても、日に日に収まってきます。

大体数ヶ月すればきちっとも見えるようになります。
レーシックをすればその日のうちに夢の様な生活が始まるような宣伝がなされていますが、それこそごく稀です。
どんな病気でも手術をする場合は、その後体を休めて、リハビリを行う必要があります。
レーシックも同じです。
様々な合併症が起こりうるので、少しずつ慣らして行くことが大切なのです。

このページの先頭へ