生命保険

レーシックは痛みを感じるのか

手術をする時に考えるのが、レーシックには痛みがあるのかという点です。
麻酔があることは知っているにしても目の手術となると、当然、心配になります。
レーシックの手術前に術前検査があります。

それによって自分の目がどういった形状か、そういったものをきちんと時間をかけて調べてくれます。
また当日も手術の前に説明がされます。
そして点眼剤による麻酔が施されます。

これにより、全く痛みは感じません。
ただずっと目に光が当たっている不思議な感覚を味わいます。
その期間もわずか15分ほどとなっています。

ですから、痛みに関しては心配する必要がありません。
しかし、手術後は麻酔が少しずつ切れてきます。
そうすると目に多少の痛み、違和感があります。

不安に駆られるかもしれませんが問題ありません。
手術後、20分ほど目をつむって休めれば元に戻ってきます。
そして目を開けるとクリアな視界を手に入れることができるのです。

手術してから少しの期間目が乾いたり、今までに感じなかった違和感が出るかもしれませんが、それは目薬などでケアすれば大丈夫です。
少しずつ目が慣れてきます。
痛みが怖いという人も、レーシックは安心して受けることができます。
手術ですが痛みはほとんどありません。

このページの先頭へ